09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
1年2か月で変わったこと~三女・ネージュ通院編2~
~通院編1の続きです~

翌朝一番に行った血液検査の結果は、3日後との事。
その時、もしアミラーゼやリパーゼなど膵臓の数値が悪かったら
即入院と言われました。
その日は用心の為すい臓炎のお薬と胃腸薬などを処方され、帰宅。

また気が気でない時間を過ごし、待っていた再検査の結果は。。。
やはり『初期の急性膵炎』でした。

それでも嘔吐が止まっていること、数値も即入院という程ではない事、
入院自体にネージュがストレスを感じてしまいそう、などの理由で、
自宅での服薬、低脂肪の処方食に切り替え様子を見ていく事になりました。


『膵炎』は脂肪分の多い食事、肥満、高脂血症が主な原因との事。
でもネージュは決しておデブでなく、むしろお痩せさんです。
四姉妹はフードも同じものを食べているし、おやつだって大所帯ゆえに、
沢山貰えるような事もありません。

昨年末にノエブゥが避妊手術を受けた時には、事前の血液検査の際に、
2匹仲良く『低蛋白値』を指摘され、高蛋白低脂肪の『馬肉系トッピング』を
1週間緊急補給する事により無事手術出来る値まで戻した、なんて位に
おデブさんとは無縁のドライフードを食べていたくらいです。

それがどうしてネージュだけがこんな事に?と獣医さんとお話しながら
不思議に思い、色々と考えてみました。

そうなると思い当たるのは。。。まさか。。。いえ、やっぱり。。。
『ストレス!?』
原因は。。。まさか。。。いえ、やっぱり。。。
小さな猛獣のこの方ではないか???と。

そう、四女の『パンちゅけ君』(女子ですが。。。)
noebrun0910113.jpg
あん?何っ??何か用???
(もはや我が家のは暴君状態。。。)

パンセの暴君振りが原因の可能性もかなり濃厚の様子。
でもはっきりした原因は分からず、1週間の服薬&おやつ類は禁止。
食べて良いのは低脂肪の処方食のみ。

その甲斐あってか、その後は嘔吐もなく、ぐったりする事もなかったので、
もうしばらくの間、処方食を続けながら、様子を見ることになったのです。

現在は元気になり、また皆と同じご飯を食べて元気に過ごしています。


基本的にネージュは甘えたさんです。
パンセがやってくるまでは、ノエブゥが降参するくらいのヤンチャ娘で
悪名高き(!?)『ネジュ丸★』だったのです。

それが自分の想像をはるかに超える『お転婆パンセ』の出現により、
思うようにいかなくなったことが沢山あったのでしょう。
少しだけお姉さんになって大人しくなったけれど、懸命に我慢を
してくれていたのでしょう。


色々と考えてみると、ひとつ気になる事がありました。
ちょうど同じ頃、パンセに初ヒートがやってきていたのです。

パンセも初めての事に気持ちが落ち着かなかったのでしょう。
何かと皆に絡んでは衝突する事が増えていました。

ノエルはお姉さんタイプで、一喝して終わらせるコです。
ブゥたんはヤバいことには近づかない逃げ上手です。
でも、ネージュは正面からぶつかっていたんですよね。
時にはかなり激しく「ガウガウ!」とやりあい、誰か人間が割って入って
引き離すこともありました。
そんな事が重って、ネージュの中で限界が来たのでしょうね。


膵臓の病気は突然症状が出て分かる事が多いようです。
早く異変に気づいて治療できるのが一番です。
でも中には気づくのが遅くなり、お腹の激しい痛みによるショック症状や、
血圧の低下や心臓の停止など危険な状態になることもあるようです。

今回のネージュは最初に吐いてから3時間程で診て頂いたので、
どうにか早めに適切な処置をして頂くことができたので、今思えば
本当にラッキーだったと思います。

ある意味時間との戦いとなる『急性膵炎』
皆さんもどうかお気を付け下さいね。

noebrun0910114.jpg
「パンちゃんもいつかき~っと!痛い目にあうでちヨ。。。。」
いまだに『すねすねモード』のネジュたんでした。

次回は我が家の末っ子、暴君四女・パンセの出番です。
スポンサーサイト
四姉妹の毎日】 | コメント(5) | top↑
1年2か月で変わったこと~三女・ネージュ通院編1~
少し長くなってしまいますが。。。
noebrun0910111.jpg
許ちてね。辛かったんでちよ。。。

夏休みで朝のスタート時間は遅めでしたが、その日の朝も四姉妹は、
いつものように台所と食卓をイソイソと仲よく往復しては、恒例の
『♪うんまいもの落ちてこい!踊り♪』に忙しそうでした。
とにかく食いしん坊サンたちの集団なんです。
いつも暴れてお腹が空いてしまうために、ご~くたまにですが
「ケポッ!」と胃液をはいてしまう子もいます。(恥)

この日はネジュたんがほんの少し「けぽっ!」としてしまったので、
「はいはい、急いでご飯にしようね~。」と準備をしました。
興奮する姉妹をお座りさせる為に号令をかけたところ、ネジュたんが
また「けぽっ!」としました。
何となくいつもと様子が違うような気が。。。
よ~く見ると吐いたものに小さな赤い粒々が混じっているような。。。?
まさかTonsukeの赤鉛筆でも食べたとか??
(基本、四姉妹は恥ずかしいほどの悪食です、ハイ★)

この日はtonsukeがお弁当持参で出かける予定があったので、
とりあえず3匹とは隔離して、準備をしながら様子を見る事にしました。
暫くすると、またしても。。。
「ウエッ!。。。ケポッ!!」
今度はつぶしたイチゴの断片みたいな物が少しだけ混じって
いるような感じもします。
その時の我が家には、生のイチゴの在庫はもちろん、それに似た
食べ物はなく。。。

tonsukeは、どうしてもお昼前までに送り届けなくてはならなかったので、
ペットシーツに吐いた物をビニールに入れ、ネジュたんも一緒に車に乗せ
連れて出る事にしました。

途中、思いがけない渋滞もあって、tonsukeを無事送り届けた時点で、
獣医さんの午前受付は終了の時間になっていました。
仕方なく午後の診察に一番に行こうと思ったその時!!

しんどかったのでしょう。ネジュたんがドライブボックスから私の膝へ
移動して
「ウエッ!ウエッ!グエェッ!!」と。。。

今度吐き出したものはイチゴをつぶした。。。だけでなく、もう全部が
赤っぽかったのです。
大慌てで車を止め、携帯で獣医さんに連絡し、どうにか時間外でも
見て頂けるようにお願いをしました。

noebrun0910112.jpg
表の風に当たって診察を待つネジュたん。

ネージュの症状は前日まで下痢などしておらず、いつも通りでした。
今朝のほんの2時間ほどの間に、数回嘔吐したので、血液、便などを
調べて頂きました。

まず、何か変なものをコッソリ食べてしまった可能性は?との問いに、
私には思い当たるものがなく恥ずかしながら「多分ないです」としか
答えられませんでした。
なにしろ、イタズラ大好き四姉妹なので。。。

でも先生が触診してもお腹に異物が詰まっている感じもなく、その他に
吐血する原因として考えられるのは胃潰瘍か膵臓かも。。。と言われ、
原因究明のために血液検査の為に採血をして頂く事に。

吐き気止めの点滴や、胃薬の投与をして頂きながら、今後についての
説明を受けました。
明日までは絶食でお薬を飲むこと。
とにかく安静にさせておくこと。
検査結果は夜には出るので、電話を入れる事。
再度吐いたらすぐに連れてくるように。。。
などと指示を受け、点滴終了した所で一旦帰宅しました。

そして、夜。。。
血液検査の結果は、やはり「急性膵炎の疑いあり」との事。
アミラーゼ、リパーゼなど膵臓の異常を示す値が高かったそうです。
翌朝一番で再検査をして、結果次第では入院治療と言われました。
独居用サークルに入って、ポツンと小さく丸くなり、
「どうしてネジュだけにご飯もらえないの??」
と言いたそうな悲しい瞳を向けるネジュたんの姿に、涙が出ました。

(通院編2に続きます)
四姉妹の毎日】 | コメント(0) | top↑
1年2か月で変わったこと~三女・ネージュ編~
台風も過ぎ、いいお天気の連休初日でしたね。
我が家では風が強くなった未明に、『ガッシャーンッ!!』という
もの凄い音とともに、庭の棚が吹っ飛び、勝手口の扉に激突!
四姉妹もあまりの音にビックリ!ワンワンと大騒ぎでした。
皆さんのお住まいの地域は大丈夫でしたか?

さて、ようやく三女・ネージュの出番です。
noebrun0910101.jpg
ママ。。。ずいぶん待たせちゃったでちね??

我が家では三女のネジュたん。実は一人っ子です。
でも生まれてから我が家にやってくるまで、お里が出産ラッシュ!
だったので、ノエたんのママから生まれた子達と一緒に育ちました。

小さい頃はホントにヤンチャで、ノエ&ブゥたんが音をあげて
「ママ。。。SOSれしゅ。。。」って言うくらいの御転婆娘だったのに、
noebrun0910102.jpg
【証拠写真です】

妹分のパンセがやってきてからずいぶん変わりました。
辛抱強く、熱心に教育係もしてくれていたのですが。。。
noebrun0910103.jpg
全くいうこときかない幼い頃の四女・Pさん

なにかもう諦めてしまったのでしょうか。。。
以前より、静かな甘えたさんに変身したような気がします。

noebrun0910104.jpg
昨年9月の写真です。

これを撮る少し前、当時5ヶ月のパンセの爪が、ふざけて遊んでいて、
目に入り、表面に小さな傷ができてしまいました。
暫くの間獣医さんに通い、点眼薬で治療をしました。

目といえば。。。
先日、右目頭近くに「組織球種(そしききゅうしゅ)」なる謎の物体出現で
獣医さんのお世話になったネジュたん。
今はこのくらいの大きさまで小さくなりましたョ!
noebrun0910105.jpg
一応血統書上は女の子でしゅから気になりましゅ。。。

この事をお伝えした時に、『受難続きのネジュたん』と書きましたね。
のえ・ぶら・ねじゅ・ぱんの四姉妹は、我が家にやってきてからは
どの子もわりと元気に育ってくれていました。
なので、獣医さんにお世話になることと言えば。。。
混合ワクチンや狂犬病予防の注射、フィラリアのお薬などなど、
いわゆる年中行事(!?)程度だったのですが。。。

実はこれより前の7月末、とても心配な出来事がありました。
でもこれはちょっと長くなるので、後編でお話しますね。
noebrun0910106.jpg
結構びっくりしたんでちよ。。。
皆さんも健康と『乱暴者の妹』には気をつけて!でちよ。
四姉妹の毎日】 | コメント(0) | top↑
| ホーム |
プロフィール

もえとんママ

Author:もえとんママ
**Noel(ノエル)**
2005年12月25日生まれ。
キャバリアB/Tの女の子。
実際の血縁関係もあるもえとん家
の4姉妹をまとめる長女ちゃん。
妹達にに振り回され、1歳で悟りを
開き、出産経験は無いのに母親役
もこなすシッカリ者。
バツグンの跳躍力を持つお転婆娘
の一面ももちあわせてます。

**Brun(ブラン)**
2006年3月11日生まれ。
キャバリアRubyの女の子。
気ままに次女ライフを満喫。。。.の
はずが、次々に妹分が現れた為、
見えないふりと必要以上の活動は
しない、まったり省エネ型に成長。
いつまでも幼く見える短いマズルが
チャームポイントだけど、その為に
いびきがウルサイ。。。

**Neige(ネージュ)**
2007年2月7日生まれ。
キャバリアBlenheimの女の子。
一人っ子で生まれ、もえとん家でも
3姉妹の末っ子になり、好き放題の
極悪非道ぶり!?をみせつけていた
はずが。。。新たなる末っ子出現に
ご寵愛生活の野望も打ち砕かれる
事に。。。
元気と愛想では負けません!!

**Pansee(パンセ)**
2008年3月15日生まれ。
キャバリアTriの女の子。
正真正銘!もえとん家の末っ子。
チャームポイントはトライなのに
日々真っ黒になっていくお顔★
同じお里出身のお姉ちゃんたちと
暮らしている為か、超マイペース。
掃除機の音とデジカメのズームが
苦手なおチビちゃん。
まだまだ未知なる生物として只今
観察中!?

犬ブログ
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
のえ*ぶらんへのメール

こちらからお願いします♪

noebrunbagle2.jpg
【きゃばべーぐる隊】
もこ魚さんに作って頂きました♪
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。